n.o.f.l. + suelo

香川県のちいさなネットショップのまいにち

【suelo+】カシミヤ100% Vネックプルオーバーニット

【suelo+】カシミヤ100% Vネックプルオーバーニット

f:id:noflsuelo:20171006163834j:plain

f:id:noflsuelo:20171006163851j:plain

f:id:noflsuelo:20171006163907j:plain

f:id:noflsuelo:20171006164037j:plain

f:id:noflsuelo:20171006164025j:plain

【カシミヤが肌触りがよい理由】
カシミヤ繊維の平均直径(14~16マイクロン)は、
普通の羊毛(19~24マイクロン)に比べて細いため、
しなやかなでありチクチクと皮膚を刺激しません。
また、天然カシミヤに含まれている油脂分が繊維表面を覆っていて
カシミヤ独特の滑らかな風合いを生み出しています。

【軽くて保温/保湿に優れている理由】
カシミヤの毛は、クリンプと称する縮れ毛状になっています。
クリンプ状で細いカシミヤ繊維は複雑によく絡み合うので、
熱伝導率の低い空気をたくさん抱き込むことになります。
その糸を用いて編み立てられるニット衣類は、
外気を遮断し放熱を抑えるという、
二重サッシ窓の様な役割を果たしてくれます。
また、繊維自体の熱伝導率もカシミヤは優れています。
さらにカシミヤなどの動物繊維の表面には
一般にスケール(キューティクル)構造があります。
このスケールが、開閉して空気中の水分を取り込んだり吐き出したりするために、
快適な湿度を保つように調整してくれます。

【光沢がある理由】
カシミヤニットの糸の表面形状、キューティクルが大きく影響しています。
表面が凸凹していると、光の乱反射によって光沢は無くなりますが、
表面がフラットであればある程、光は綺麗に反射して光沢は増加します。
カシミヤの表面形状は、たとえば羊毛と比較してみると大きく異り、
羊毛のキューティクル形状は、カシミヤより複雑で数も多く滑らかではないのに対して、
カシミヤ繊維は獣毛繊維の中でも特に綺麗なキューティクル形状を保持しています。

 

suelo+ カシミヤ100% カシミヤVネックプルオーバーニット

税込 9,900 円

item.rakuten.co.jp

 

 

▼▽▼ ブログランキングに参加しています。 ▼▽▼

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村